自然体の生き方に憧れるブログ

自然な気持ち、立ち振る舞い、笑顔を大切にしたい

日勤勤務が終わったら2日連続で休みが取れるので、とても楽しみにしていました。待ちに待った休みの使い方ですが、普段看護師の仕事をしているので、本当にリラックスできる時間を過ごしたいなぁと思い、まずウィンドウショッピングに出かけました。

久しぶりに街に出掛けると、街の風景も結構変わっており、大きなショッピングモールができたり、おしゃれなお店や食べ物屋さんもできていました。お昼は、おしゃれな定食屋さんでランチを済ませ、その後は小さな喫茶店に入って、お友達とおしゃべりなんかして楽しみました。

夜は1人になったので、今晩ゆっくり眠るためにもリラックスサロンで肩と背中をゆっくりとマッサージしてもらいました。アロマオイルを使用していたので心地よい香りと、スタッフさんの手さばきでウトウトと眠ってしまいました。普段看護師の仕事をしているので、体力的にも精神的にもすごく疲れていたのだなぁと後から思いました。

その日は友人とリラックスでき、またマッサージでも心地よい時間を過ごせたので大変満足しています。また看護師の日勤業務が始まりますので、頑張ろうと思うことができました。

ムダ毛の自己処理方法には、カミソリや電気シェーバー、毛抜き、脱色、脱毛ワックス、脱毛クリーム・だなどさまざまな方法がありますが、ムダ毛の生えてくるスピードは生えている箇所によって違ってきます。生えている箇所によって処理方法を変えてみると、肌荒れや色素沈着を防ぐことができます。

「剃る・脱色・抜く・溶かす」など、方法はたくさんありますが、そのやり方にはそれぞれメリットやデメリットは付いてきます。

・カミソリや電気シェーバーで剃る方法
肌表面から生えているムダ毛を、カミソリで切り取る方法。すべての部分に使える一番オーソドックスな方法ですが、表面だけの処理なので生えてくるスピードは速く、頻繁に処理が必要。広い部分をカバーできるので処理はしやすいです。

・脱色する方法
色を抜いて目立たなくする方法。剃る方法と比べて肌を削ることもないので色素沈着の心配はないのですが、薬品を使うので、必ずパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

・抜く方法
根元からムダ毛を引き抜くので、仕上がりが一番きれいです。ムダ毛の生えてくるスピードは遅いですが、無理に引き抜く行為なため炎症を起こしやすく、途中で毛が切れてしまう可能性があります。

・溶かす方法
薬品でムダ毛を溶かしてしまう方法。薬剤で溶かしてしまうので、表面がきれいに仕上がりほとんどの箇所に使用することができます。毛穴の中の毛までは溶かしていない為生えてくるスピードは変わりはなく、処理に時間がかかります。 

一番使われている方法はカミソリでの処理だとは思いますが、カミソリにもメリットやデメリットがありますので、他の方法の特性を理解したうえで自分にあった処理方法を試してみるのも良いと思います。

最近注目を集めているオールインワンゲル。
使ってみたことありますか?
1本のゲルに、
化粧水・美容液などの効果が入っているので、
1本でお手入れOKという優れものです。
時間のない人や、忙しい人に
かなり重宝されているようですが、
実際には、オールインワンゲルってどうなのでしょうか?

自分なりに調べてみたので紹介します。
オールインワンゲルのメリットは
なんといっても、便利なところです。
また、コストパフォーマンスも良いものが多く、
化粧品をフルラインナップで揃えるよりも、
コストダウンすることができます。

反対にデメリットですが、
細かい使い方ができないことがデメリットですね。
例えば、お肌の乾燥が強いので
美容液をたっぷり使いたい!!と思っていても、
オールインワンゲルでは難しいでしょう。
そこで、皆さんどのように使っているかと言うと
基本的にはオールインワンゲルを使って
さらに、美容液やクリームなどで対応しているようです。

1本使いでOKならばいいのですが、
お肌の状態に合わせて、自分で化粧品を付け足していく。
最近の女性は、自分のことをよくわかっているようです。
使い方によって、とても便利なオールインワンゲル。
自分だけの使い方を見つけてみませんか?